注文住宅を建てるまで|マイホームを手に入れるために注文住宅を検討しよう!

注文住宅を建てるときの流れ

注文住宅を建てるまで

男女

入念な計画

厚木で注文住宅を建てる前に、始めにやっておきたいことが入念な計画です。一生モノの家を建てるならば、計画は入念に慎重に、時間をかけて行うようにしましょう。家の周辺の環境や欲しい設備、外観のイメージなど、できるだけ細かい項目で暮らしの条件を決めていきます。暮らしの条件を決めたあとは、その家と見合った予算を決めていきます。どれほどの資金が用意できるのか、将来の出来事も考えながら入念な資金計画を行いましょう。

土地・業者探し

計画を行ったあとは、土地と業者を探していきます。まずは土地探しから始めましょう。土地の広さや予算、エリアをあらかじめ決めておいて条件に合う土地をじっくりと探します。場合によっては条件に完璧に合う土地がない場合もあるので、その時は妥協できる部分を決めましょう。土地を探したら、家を施行してくれる業者を探します。自分たちの理想の家を建ててくれる満足度の高い業者を選びましょう。

家の設計・契約・施行

土地と業者が見つかったら実際に家の設計・契約・施行に移ります。ここまでくると、あとは1つ1つ手続きをこなしていくだけです。業者との打ち合わせは、自分たちの計画をしっかりと伝えるようにします。具体的に細かいところまで業者の方と話し合いをしましょう。設計が終わると契約に入り、施工が開始されます。その間も施工中の家の確認や住宅ローンの計画などが必要になります。施工が完了すると、入居できるようになり新生活を始めることができます。入念な計画から入居まで、一般的には1年から2年ほどかかります。

広告募集中